公益財団法人 全日本ボウリング協会

主催大会詳細

TOPicon 主催大会icon全日本シニアボウリング選手権大会

全日本シニアボウリング選手権大会

50歳以上のシニア選手のための全国大会。毎回600名近い選手が出場する人気の高い大会です。50代、60代のボウラーは若手に劣らぬ実力の持ち主が多く、非常にハイレベル。70歳以上のマスターズシニアの部には90歳を超える方もはりきって出場しています。

大会概要

競技部門 シニアの部(男子・女子別) 50歳~64歳
ハイシニアの部(男子・女子別) 65歳~74歳
マスターズシニアの部(男子・女子別) 75歳以上
※年齢は当該年度4月1日現在
競技種目 シニアの部・ハイシニアの部:個人戦・2人チーム戦・選手権者決定戦
マスターズシニアの部:個人戦
競技方法 シニア、ハイシニアの部
個人戦、2人チーム戦ともに、それぞれ6ゲームの競技を行い(3ゲーム毎にレーン移動)、その合計得点により各種目の順位を決定する。
選手権者決定戦は、個人戦、2人チーム戦の2種目(12ゲーム)の個人総得点の上位より進出者を選出し、更に3ゲームの競技を行い、合計15ゲームの総得点により、各部門の選手権者並びに順位を決定する。
マスターズシニアの部
予選9ゲームの競技を行い(3ゲーム毎にレーン移動)、その合計得点の上位より決勝出場者を決定する。決勝は、更に3ゲームの競技を行い、合計12ゲームの総得点により順位を決定する。
ハンディキャップ シニアの部(1ゲーム) 60歳~64歳:5ピン
ハイシニアの部(1ゲーム) 70歳~74歳:5ピン
マスターズシニアの部(1ゲーム) 80歳以上:5歳につき5ピンを加算
参加資格 当該年度のJBC登録会員(個人正会員、実業団会員)で、各連盟に所属する満50歳以上(当該年度の4月1日現在)で、各連盟から選出された代表選手であること。(ただし、個人普通会員は、個人正会員に登録変更すれば参加できる。)
褒賞 個人戦(6部門) 優勝~第6位
2人チーム戦(4部門) 優勝~第6位
選手権者決定戦(4部門) 優勝~第6位
選手権者決定戦出場賞(選手権者決定戦出場者及びマスターズシニア決勝出場者)
個人ハイゲーム賞・ハイシリーズ賞(各部門男・女別)※選手権者決定戦並びに決勝戦は対象としない。
最高年齢者特別表彰 男・女各1名

大会成績

大会記録(参考)

男子シニアの部
選手権者決定戦
個人戦
2人チーム戦
 
第51回大会(2018年)
第51回大会(2018年)
第49回大会(2016年)
 
吉本隆夫(熊本)
吉本隆夫(熊本)
石川(泉・東)
 
3,609
1,542
2,787
女子シニアの部
選手権者決定戦
個人戦
2人チーム戦
 
第51回大会(2018年)
第47回大会(2014年)
第47回大会(2014年)
 
林 静恵(山口)
吉田智恵美(大阪)
愛知(西村・加藤)
 
3,232
1,388
2,665
男子ハイシニアの部
選手権者決定戦
個人戦
2人チーム戦
 
第50回大会(2017年)
第49回大会(2016年)
第47回大会(2014年)
 
石島哲也(静岡)
松井卓治(愛知)
兵庫(前田・瀬尾)
 
3,457
1,443
2,642
女子ハイシニアの部
選手権者決定戦
個人戦
2人チーム戦
 
第47回大会(2014年)
第51回大会(2018年)
第50回大会(2017年)
 
沖 崇子(広島)
沖 崇子(広島)
岡山(平田・鈴木)
 
3,132
1,288
2,441
男子マスターズシニアの部 第48回大会(2015年) 中塚良三(群馬) 2,646
女子マスターズシニアの部 第48回大会(2015年) 小池和美(京都) 2,212

主催大会・成績へ戻る

トップページへ