公益財団法人 全日本ボウリング協会

主催大会詳細

TOPicon 主催大会icon経済産業大臣杯 全日本実業団産業別ボウリング選手権大会

経済産業大臣杯 全日本実業団産業別ボウリング選手権大会

数ある実業団チームが4つの業種に分かれて戦う、同業種№1を決める大会です。さらに各部門の上位チームのみによる「決勝大会」を行い王者を決定。実業団グランドスラムの第1弾として毎年6月に開催します。

大会概要

競技種目 3人チーム戦(男子・女子混合も可)
競技方法 部門大会
各部門とも予選9ゲームの競技を行い(3ゲーム毎にレーン移動)、その合計得点により決勝出場チームを決定する。(各部門の参加実績により決勝出場チーム数を決定)
その決勝進出チームが更に3ゲームの競技を行い、合計12ゲーム(チーム合計36ゲーム)の総得点により各部門の順位を決定する。
決勝大会
各部門大会の決勝参加チームの半数が決勝大会に進出、6ゲームの競技を行い(3ゲーム毎にレーン移動)、チーム合計18ゲームの総得点により順位を決定する。
ハンディキャップ 男子ハンディキャップ(1ゲーム)
50歳~59歳:5ピン、60歳~69歳:10ピン、70歳以上:5歳ごと、更に5ピンを加算する。
女子ハンディキャップ(1ゲーム)
49歳以下:15ピン、50歳~59歳:20ピン、60歳~69歳:25ピン、70歳以上:5歳ごと、更に5ピンを加算する。
参加区分 A部門:官公庁
B部門:商社、金融、サービス、運輸、食品、倉庫、電力、学校、タバコ、病院、連盟実業団OBクラブ
C部門:製造、化学、電気、繊維、石油、ゴム、窯業、紙、パルプ、建設
D部門:鉄鋼、機械、金属、精密、輸送機械、自動車、諸工業
参加資格 当該年度、JBC実業団会員で各所属連盟から推薦されたチームであること。
1)同一実業団メンバーで編成すること(男・女混合可)
2)補欠選手登録は1チーム1名とする
3)同一実業団から2チーム以上の参加も認める
褒賞 各部門大会
優勝~第6位
チームハイゲーム賞、ハイシリーズ賞(予選9ゲームを対象)
個人ハイゲーム賞、ハイシリーズ賞(予選9ゲームを対象)
決勝大会
優勝~第6位 ※優勝チームに経済産業大臣杯を授与

大会成績

大会記録(参考)

決勝大会 第40回大会(2014年) トヨタ自動車
(愛知/阿部・宗本・水野・嘉指)
4,178
A部門 第41回大会(2014年) 金沢市役所
(石川/奥村・中倉・清水・松原)
7,942
B部門 第41回大会(2015年) エナジックインターナショナル
(沖縄/石嶺・幸喜・村濱)
8,347
C部門 第38回大会(2012年) デンソー
(愛知/夏目・夏目・高野)
8,315
D部門 第37回大会(2011年) ホンダ鈴鹿
(三重/岡・佐々木・西川)
8,294

主催大会・成績へ戻る

トップページへ