公益財団法人 全日本ボウリング協会

主催大会詳細

TOPicon 主催大会icon全日本クラブ対抗ボウリング選手権大会

全日本クラブ対抗ボウリング選手権大会

選手が拠点とするクラブのメンバーが5人でチームを組んで、全国最強クラブチームの座を競う大会。予選の一部と決勝戦にベーカー方式を採用し、個々の技術とチームワークの総合力を争います。

大会概要

競技種目 5人チーム戦(男子・女子混合も可)
競技方法 予選
1回戦:ベーカー方式8ゲーム(1ゲーム毎にレーン移動)
2・3回戦:デュアルレーン方式6ゲーム(チーム合計30ゲーム、3ゲーム毎にレーン移動)
決勝
予選38ゲームの総得点の上位24チームを選出し、A・Bグループに分けて各グループ12チーム総当り(ベーカー方式のラウンドロビン)1ゲームマッチの競技を行い、勝ポイント(20ポイント)を加えた11ゲームの合計得点でA・Bグループそれぞれの順位を決定し、銅順位のチーム同士が2ゲームのポジションマッチを行い最終順位を決定する。
ハンディキャップ 男子ハンディキャップ(デュアルレーン方式、1ゲーム)
50歳~59歳:5ピン、60歳~69歳:10ピン、70歳~74歳:15ピン、75歳~79歳:20ピン、80歳以上:25ピン
女子ハンディキャップ(デュアルレーン方式、1ゲーム)
49歳以下:15ピン、50歳~59歳:20ピン、60歳~69歳:25ピン、70歳~74歳:30ピン、75歳~79歳:35ピン、80歳以上:40ピン
参加資格 当該年度のJBC登録会員(個人正会員・ジュニア会員)で、各フランチャイズセンタークラブのメンバーでチーム編成し、各加盟団体より選出されたチーム。(同一クラブのメンバーであれば、ジュニア会員も参加可)
高等学校登録校もクラブと認める。(同一校のメンバーでチームを構成する)
褒賞 優勝~第6位
デュアルレーン方式チームハイゲーム賞、ハイシリーズ賞
ベーカー方式チームハイゲーム賞
個人ハイゲーム賞、ハイシリーズ賞(デュアルレーン方式)

大会成績

大会記録(参考)

優勝 第38回大会(2010年) 港支部
(東京/粕谷・宮田・木田・佐藤・三井・涌井)
3,250

主催大会・成績へ戻る

トップページへ