国際オープン大会

国際オープン大会

世界ボウリング連盟(World Bowling)やアジアボウリング連盟(ABF)が公認する「オープン大会」に、JBCを通じてエントリーすることができます。賞金付きの大会では賞金を獲得することも可能です(※アマチュア選手が獲得した賞金はJBC賞金規程により処理されます)。

VOICE

佐々木智之選手

神奈川県/
全日本ナショナルチームメンバー

アジア競技大会の前哨戦として、2014年6月、香港で行われた40th Hong Kong International Openとマカオで行われた2014 Macau China International Openに出場しました。
 2014 Macau China International Openでは予選ラウンド1、ラウンド2共にトップの成績で上位6名によるステップラダーに進出しました。テレビ決勝では予選5位でステップラダーを勝ちあがってきたタイのYannaphon選手に勝利し、この大会では日本人として初めて優勝をすることができました。優勝賞金、7万マカオパタカ(約89万円)を獲得しました。
 アジア競技大会の各国代表選手も多数参加しており、非常にレベルが高い中で優勝できたことや、不慣れな環境の中、自分の力が十分に発揮できたことで、アジア競技大会でも金メダルを獲得できるという自信につながりました。
☆佐々木選手は2015年も同大会優勝、2連覇を果たしました。

VOICE

山下知且選手

長崎県

県連盟のジュニア選手実戦強化の一環として、2013年12月にマレーシアで開催された第14回MILO国際ジュニアオールスターズ選手権大会に6名の選手が派遣され、私も引率者として帯同しつつ、同時開催されたThe Masters 2013に参戦しました。
 ジュニアオールスターズはABFアジアツアー唯一のジュニアの国際オープン大会で、過去には両手投げで有名なジェイソン・ベルモンテ(オーストラリア)など現在PBAや国際大会で活躍している選手も優勝している非常に権威のある大会です。長崎の選手も多くが決勝進出を果たし、国際的な実力を確かめる機会となりました。
 私もThe Masters で決勝に進むことができ、TVマッチを戦いました。残念ながら準優勝という結果でしたが、海外のナショナルチーム級の選手たちと対戦できた上、賞金(約62万円)も獲得でき、充実した大会になりました。

エントリー方法

1.国際オープン参加誓約書に必要事項を記入、押印の上、所属団体を通じて提出してください。(FAX、メールは不可)
2. 渡航日程、便名が決まったら、エントリー依頼書をJBC事務局に送付してください。(FAX、メールも可)※アジアの大会では最後の数日間が海外選手優先枠なので、それに合わせて日程を組むことをおすす
3. 大会終了後は、成績内容に関わらず 大会参加報告書に必要事項を記入の上、JBC事務局に提出してください。(FAX、メールも可)
注意
アマチュア競技者が賞金を獲得した場合は、金額にかかわらず直接又は所属連盟を通して一旦全額JBCに納入してください。(円に換金し、レートを明示したレシートを添付)「アマチュア競技者に対する賞金 出場報酬及び補助金規程」に従い、処理、配分されます。(プロボウラーについてはこの限りではありません)
※(公社)日本プロボウリング協会(JPBA)プロボウラーの方は、JPBA公式サイト「国際登録特別会員制度」を参照してください。
※日本からは、JBC、JPBAの会員の方以外はABF、WTBAの公認国際大会に参加することはできません。

国際オープン大会情報

ワールドボウリングツアー(世界ボウリング連盟サイト)

アジアボウリング連盟 公認大会カレンダー

国際オープン大会・エントリーに関するお問い合わせ先

(公財)全日本ボウリング協会事務局(競技部)

お問い合わせフォームよりご連絡ください

国際大会へ戻る