インフォメーション

ドーピング検査に関する未成年競技者の親権者同意書について


 2014年6月13日開催の公益財団法人日本アンチ・ドーピング機構(JADA)主催「平成26年度第1回加盟団体連絡会議兼ドーピング防止研修会」において、全スポーツ・全世界統一規則である World Anti-Doping Code (WAD Code)及び関連する国際基準が大幅に改定され、2015年1月1日をもって施行される事が発表されました。この国際基準変更に伴いJADA基準も変更され、当協会も新基準に則りアンチ・ドーピング活動を行う事となります。

 最も大きな変更点は、各中央競技団体(ボウリング競技は当協会)は「20歳未満の競技団体登録者(当協会会員)の親権者からドーピング検査を行う同意書を取得すること」です。

 この親権者同意書に関し協会では添付資料の手順で該当会員より提出いただくこととなりました。該当する会員の方にはご面倒をおかけしますが、速やかにご対応くださいますようお願い申し上げます。

 

詳しくはこちらの資料(PDF)をご覧ください
(左:加盟団体通達文書/右:親権者同意書書式)

画像をクリックするとPDFが開きます